Mi in progress

研究者ではなく、エンジニアになることを決意した人のブログ。

190412 澤円さんのファシリテーション講座で学んだこと

概要

この記事は、澤円さんファシリテーション講座に参加して学んだことをまとめたものです。

ファシリテーションとは

  • 合意形成や相互理解をサポートする
  • リーダーの能力の一つ

ファシリテーションに必要なこと

ゴールの前にビジョンを決める

  • ゴールは最初から見えているものじゃない
  • 北極星( = ビジョン)を見つけてから出向する
  • ビジョンがないと各々が別の線路を引き始めてしまう
  • 適当に線路を敷かせないのがファシリテーションの役割 (なんの話してたんだっけ?を避ける)
  • ファシリテーターは参加者を正しい方向に導くのが仕事だが、正誤のジャッジはしてはいけない

ゴールは未来にあることを確認する

  • 開発者の仕事は生み出すことであり、限られた時間の中で最大のリターンを求めるなら過去の話をしている場合ではない
  • これからどうする?アウトプットはどういうものであるべきか?を話す
  • 議論が紛糾するときは大抵過去の話
  • 「未来の話をすることほど楽しいことはない」「未来の話をしよう」のメッセージングを繰り返すのがファシリテーション

傾聴のマインドセットを持つ

  • 意見を音として聞くのではなく、アイデアを探すために聴く
  • 「未来の話に通じるヒントがあるかもしれない!」「アイデアの種になることを言ってくれるかもしれない」
  • 常に質問する体制で臨む

参加者が混乱していたら整理する

  • 常に参加者の表情を見て察知し、全体の理解度を調整する
  • 若手やニューカマーが「自分はここがわかっていない」ことがわかる状態が望ましい

発言量を調整する

  • ミーティング時間: X, バッファ時間: Y, 参加人数: Z としたとき、(X-Y) / Z が一人当たりの上限持ち時間
  • Yを取ることを忘れないこと
  • 時間は借り物だと考える
  • 「とりあえず呼ぶ」は絶対しない
  • 「黙ってもらう」のも大事な仕事で、「今日は一人当たりの持ち時間はこのくらいです」を事前に共有する

イメージを作る手伝いをする

ノリ「だけ」で終わらせない

  • 皆がハイになっているときは危険
  • 「本当に問題はないかな?」「ぬけもれがないかな?」「違う視点がないかな?」を投げかける
  • ファシリテーターはときに勇気ある発言を求められることがある

具体的な言葉・数字にしておく

  • 「なるはやでいい感じにちゃちゃっと作る」は最悪  - なるはや = 1分後?1週間後?  - なるはやが具体的になっていないなら、未確定という言葉にする
  • 決まらなかった場合は、「決まっていないことが決定事項」とする
  • 誰がオーナーであるかも明確にし、所在を明らかにしておく
  • 参加者が会議室を出た後でも思い出せるようなお土産を意識する

【プライベートでスクラム回してみた】2019/02/02 ~ 2019/03/17 レトロスペクティブ

概要

仕事でスクラムをやっていて、
この手法はプライベートでの勉強にも役立つのでは?
と思い立ち、プライベートでスクラム的な勉強をはじめました。
今回で3回目のレトロスペクティブです。

前回はこちら
mi-progress-ooo.hatenablog.com

続きを読む

【プライベートでスクラム回してみた】2019/01/13 ~ 2019/02/02 レトロスペクティブ

概要

仕事でスクラムをやっていて、
この手法はプライベートでの勉強にも役立つのでは?
と思い立ち、2019/01/13 ~ 2019/02/02で1スプリント回してみました。
この記事はその振り返りを綴るものです。
初回はこちら。
mi-progress-ooo.hatenablog.com

続きを読む

【プライベートでスクラム回してみた】2019/01/02 ~ 2019/01/09 レトロスペクティブ

概要

仕事でスクラムをやっていて、
この手法はプライベートでの勉強にも役立つのでは?
と思い立ち、2019/01/02 ~ 2019/01/09で1スプリント回してみました。
この記事はその振り返りを綴るものです。

続きを読む

一年の計は元旦にあり

昨年の振り返りを見ながら、

  • やりたいことリスト
  • 現状の課題と思い
  • なりたい像
  • なぜ、なりたいのか?

を書いていきたいと思います。

やりたいことリスト

順不同です。優先順位はこれから付けていきます。
スクラム的には市場は刻一刻と変わりますから、優先順もやりたいことも変えていきます。

  • OSを創る (るくすさんの日記を参考にしながら)
  • Rustを業務で使う
  • Rustの所有権についてLTする
  • Rustの本を読み切る
  • Rust, Go, Kotlinで作った.wasmと.jsのパフォーマンス比較をする
  • RustでHTTPサーバーを実装する
  • RustでTwitter課題を作り直す
  • React + Redux + TypeScriptで自己紹介ページを創る(with, pairs風)
  • TDDでHTTPサーバーを創る
  • Effective Javaを読み切る
  • TDDの本を読み切る
  • 積読を可視化する
  • DDDの本を読み切る
  • コンパイラ創る
  • wasm-bindgenのゼロコスト抽象化とweb-sysとjs-sysの仕組みを理解する
  • wasm + Rustでシンセ創る

以下はポエムです。

続きを読む