Mi in progress

研究者の道ではなく、デベロッパーになることを決意した人のブログ。将来的にはプロダクトマネージャーになりたいです。

PHPを用いて、MySQLのデータをGoogle Chart Toolsで描画してみました

お久しぶりです。気づいたら前回の投稿から3週間くらい経ってしまいました。

相変わらず、バイトでたくさんコーディングしています(`・ω・*)b

今日はタイトル通り、PHPMySQLからデータを引っ張ってきて、それをGoogle Chart Toolsと組み合わせてブラウザ上で描画した話です。検索しても古い記事しか出てこなくてかなり四苦八苦したので、今後の自分のためのメモとして、書くことにしました。

 

Google Chart Toolsとは - Charts  |  Google Developers

Googleが公開しているAPIで、これを用いればデータを簡単にブラウザ上で描画することが出来ます。JavaScriptで記述します。

 

目的

PHPを用いて、MySQLのデータをGoogle Chart Toolsで描画する

 

苦労したこと

・参考にしたこちらの記事

Google Chart Tools: How to create a line chart example with mySQL/PHP and JSON | Kometschuh - Blog

が、PHP 5.5.0 で非推奨になった拡張モジュールを用いており、PDO_MYSQLを用いた書き方に翻訳しなければいけなかったこと。

・データの格納を、Google Chart Toolsの書式にしなければならなかったこと。参考にしたこちらの記事

【PHP】MySQLに保存しているデータをJSONで吐き出す - Qiita

でデータを吐き出すと、

[{"date":"2016-04-01","A":"1890000","B":"784000","C":"0"},...

のように吐き出されてしまいます。Google Chart Toolsでは、データの書式が決まっていて、

['date', 'A', 'B', 'C'],

['2015-04-01', 1890000, 784000, 0],...

のようにしなければなりません。この書式変換も頭をかなり悩ませました。

 

実際のコード (※ PHP 5.3.3(cli), MySQL 5.1.73の環境です) 

functions.php

<?php

function connectDb( ) {
try {
array(PDO::MYSQL_ATTR_READ_DEFAULT_FILE => '/etc/my.cnf',
PDO::MYSQL_ATTR_READ_DEFAULT_GROUP => 'php',
);
return new PDO(DSN, DB_USER, DB_PASSWORD);
} catch (PDOException $e) {
echo $e->getMessage();
exit;
}
}

 

config.php

<?php
define('DSN','mysql:host=localhost;dbname=dbname;charset=utf8');
define('DB_USER','user');
define('DB_PASSWORD','pass');
error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE);

 

index.php

<?php
require_once('config.php');
require_once('functions.php');

mb_language("uni");
mb_internal_encoding("utf-8"); //内部文字コードを変更
mb_http_input("auto");
mb_http_output("utf-8");
?>

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>棒グラフ</title>
<style>
h1 {
color: #696969;
}
</style>
<script type="text/javascript" src="https://www.google.com/jsapi"></script>
<script>
google.load('visualization', '1', {packages:['corechart']});
google.setOnLoadCallback(drawChart);

// データ読み込み

function drawChart() {
var data = google.visualization.arrayToDataTable([
['日付(月単位)', 'A', 'B', 'C'],
<?php
// DBに接続
$dbh = connectDb();
// SQL
$sql = 'SELECT * FROM sales';
// クエリ
$stmt = $dbh->query($sql);
$result = $stmt->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);
// 行の長さ取得
$length = $stmt->rowCount();
// カウント
$no = 0;
foreach ($result as $value) {
echo '[\''.$value["date"].'\', '.$value["infra"].', '.$value["software"].', '.$value["web"].']';
$no++;
if ($no !== $length) {
echo ",\n";
}
}
?>
]);
var options = {
width:900,
height:600,
chartArea: {
top:80,
left:200
},
fontName: 'メイリオ',
backgroundColor:'#EFF4F5',
isStacked: true,
colors: ['#2E8EF6', '#DA3A29', '#8EC43C'],
bar: {groupWidth: 20},
hAxis:{
title:'日付(月単位)',
titleTextStyle: {
fontName: 'メイリオ',
fontSize: 16,
italic: false,
bold: false,
color: '#696969'
},
textStyle: {
fontSize:12,
color: '#696969',
fontName: 'メイリオ'
},
slantedText: true
},
vAxis:{
title: '合計',
titleTextStyle: {
fontName: 'メイリオ',
fontSize: 16,
italic: false,
bold: false,
color: '#696969'
},
textStyle: {
fontSize:12,
color: '#696969',
fontName: 'メイリオ'
}
},
legend:{
position: 'top',
textStyle:{
fontName: 'メイリオ',
color: '#696969',
fontSize: 16
}
}
};
var chart = new google.visualization.ColumnChart(document.getElementById('graph1'));
chart.draw(data, options);
}
</script>
</head>
<body>
<h1>サンプル棒グラフ</h1>
<div id="graph1"></div>
</body>
</html>

 

上のコードで以下のようなグラフができました!

f:id:mi_progress_oOo:20160803085909p:plain

 

今回のコーディングポイントは、$stmt->rowCount();で行の長さを取得して、if文で

「最後の行以外は最後に,(カンマ)を付けてね」という文章を書いたところです!最後の行は,(カンマ)がいらない(つけるとエラーを吐きます)ので、それをforeach文でどのように表すのか、ああでもないこうでもないと四苦八苦したのが今回一番楽しいコーディングでした(*°ω°*)

これからもプログラミングの勉強頑張ります!!!