Mi in progress

研究者の道ではなく、エンジニアになることを決意した人のブログ。

AngelHackTokyo2016に参加してきた

一昨日、昨日とAngelhack Tokyo2016に参加してきました。

人生初のハッカソン。 最高に楽しかったです。言葉に言い表せません!

 

1人で参加したため心細くて不安でしたが、Teamingの際に素晴らしいチームにお誘い頂いて、徹夜でHackしました。我々のチームは、日本人2人(私とプランナーの方)、ニュージーランドご出身の方1人(エンジニア)、ブルガリアご出身の方1人(エンジニア)のグローバルチームでした!私以外のお三方は、凄腕のエンジニアさんとプランナーさんで、「私、こんなすごいチームに入って大丈夫なのか...(汗)」という状態でした。中でも、ニュージーランドご出身のエンジニアさん(Bさんとします)とは、夜通しずっとコーディングを一緒にして、たくさんお話させて頂きました。

 

私はフロントエンドを担当し、Bさんにはサービスの心臓である機能部分を担当して頂きました。深夜1時くらいにようやく心臓部分を構築できそうなAPIが見つかって、私のフロント部分のコードとくっつけることになりました。こんな私のクソコードで、Bさんが作ってくださったjsファイルと連動させられるかな...。私の脳裏にはずっと不安が押し寄せていました。

 

「Hello、こんにちは、Hello」

 

BさんがPCに話しかけると...ちゃんとそれに合わせて画面が反応するではありませんか!!!!!!!!!!

 

自分の作ったフロント部分の画面で、Bさんが構築してくれた心臓が動いて、ものすごく嬉しかったです。ちょっと泣きそうになりました。ほんとめちゃくちゃ嬉しかった。人生初のハッカソンが最高の思い出になった瞬間でした。

 

また、Bさんと話していく中で「Bさんみたいなエンジニアになりたい」と強く思いました。サーチング力、発想の転換力、コーディング力、学び続ける姿勢。目指すべき人物が具体的になりました。

 

【学び箇条書き】

APIを調べて、それを使って(応用して)プロダクトを作る。

・色々なデータベースを引っ張ってきて、有益な情報を得るという感覚を理解。

・ありふれた技術でも、組み合わせと発想で大勢の人を魅了できる(今回優勝した方がまさにこれでした。)

GitHubはいざチームで使うと、使うのが難しい。

・Cloud9での共同作業はすごくやりやすかった。